Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/users/2/ideaeast/web/afa/wp-content/themes/knight/assets/libraries/breadcrumbs/breadcrumbs.php on line 252

言語:英語(翻訳なし)パワーポイントや写真を使ったプレゼンテーションですので、リスニングの苦手な方でも参加しやすいようにしています。また、事後、日本語の抄訳が必要な方にはPDFファイルをお送りすることができます。貴重なお話が聴けます。ぜひご参加ください。 

有料:USD30(JPY3300) 学割:USD20 (JPY2200)
支払いはPayPalで。クレジットカードを使って日本円でも支払うことができます。

各国団体情報、随時アップデート中!

Malaysia Council for Rehabilitation

マレーシア・リハビリテーション評議会(MCR)は、マレーシアの国際アビリンピック競技会に参加する資格のある障害者参加者を選択する唯一のマレーシアのアビリンピック調整機関です。 1995年以来、MCRは国際アビリンピック競技会に参加しており、マレーシアの障害者の参加者は、参加したスキルカテゴリでの成功を通じて目覚ましい進歩を見せています。この功績で、アビリンピック委員会を通じたMCRは、第9回国際アビリンピック( 2015)に出場。現在も参加をつづけています。写真は、絵画・シルクスクリーンの展示会。サヴァン症候群のアーティスト、Wan Jamilaさんの活動紹介もあります。

Jaifaファーム Thailand

タイの中部、ロッブリーのJaifaファームでは有機農法をはじめ障害を持つ子供たちにさまざまな職業訓練を行っています。また、アートではありませんが、サッカーのナショナルチームを育てる競技場を持っており才能のある子どもたちの育成の場になっています。

香港・Centre for Community Cultural Development (コミュニティー・カルチャー発展センター) CCCD

CCCDは2004年に設立され、2007年にフルタイムのスタッフで完全に機能するようになりました。また、慈善団体にもなりました。
それは何年にもわたって中規模の組織に拡大し、8人のフルタイムの有給スタッフと3人のボランティア、そして多数のフリーランスアーティストが参加しました。組織はもともと演劇や視覚芸術のプロジェクトから始まりましたが、音楽、ダンス、タッチアート、映画、芸術療法、70年代の政治的/文化的活動家のグループの口頭の歴史など、他の芸術形式で長い間分岐してきました。 SAORIなど。これらの分野での私たちの活動は、人々のために、人々とともに、そして人々によって芸術を促進することを主な目的としています。CCCDは香港を代表するコミュニティーアート、またはコミュニティ発展アートの拠点です。

フィリピン St Francis Integrated Arts School (サン・フランシス・インテグレイテッド・アーツ・スクール)SFIASI

非政府組織(NGO)、教育省によって承認されています。 日本カトリック札幌教区協会の協力を得て、日本聾里親の協力のもとに設立されました。 -SFIASIは、幼児から18歳までのカリキュラムまで、発達障害のある、またはない子供の教育を促進しています。 これは、子供と若者が学び、成功するための平等な機会が奨励され、豊かになるインクルーシブ教育を強力にキャンペーンする機関です。これは、早期療育の下で0歳からオープンクラスルームを提供するフィリピンで最初の機関です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sfias2.jpg

投稿を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です